相続とは誰かが亡くなった後、亡くなった人の財産を残された家族が受け継ぐ事です。遺産となるのは預貯金、不動産や株券、貴金属類です。一方で、借金といったマイナスの資産も遺産となります。民法では遺産を残した人を被相続人、遺産を受け継ぐ人を相続人といいます。相続人となる人は法律で定められた法定相続人です。法定相続人になれるのは、被相続人の配偶者、子供、親、兄弟です。

 

 

また、各法定相続人の遺産の分配分も定められています。例外は遺言書が存在する場合です。遺言書では法定相続人の遺産の相続分を指定できます。つまり、遺言書で子供にすべてを残したい旨があれば故人の遺志として最優先されます。これは指定相続分と呼ばれます。では、相続制度はなぜ存在するのでしょうか。まずは法定相続人が第三者に遺産を奪われない為です。遺産は残された家族の生活費、子供の学費等の重要な資金源となります。そこで相続制度によって遺族のこれからの生活を守るのです。また、故人の資産は一人の力ではなく家族と共に築いた資産と考えられています。

 

その為、家族、特に配偶者が遺産を多く貰うのは当然の権利なのです。加えて相続は親族内のトラブルの種となります。相続制度は定めることで相続が円滑に行える様にするのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。