相続において、被相続人が持っていた財産は相続人が受け継ぐのであります。
しかし、相続といった制度はなぜ財産を受け継がせるという風に
制度が決められているのでしょうか?

その一つの理由といたしましては、相続人の生活保障をするためであります。
相続人は、被相続人が生前住んでいた家に一緒に住んでいるということがあるというのは
別々に暮らしているということもありますが、通常でも考えられることであると思われます。
また、死んでしまって残された人たちが現在持っている財産や収入などから生活能力が低いとみられるときには、その後の残された者たちの生活が苦しくなってしまう可能性もあるのです。

そういった時に、死んでしまった人の財産を受け継げないということとなると、
家に一緒に住んでいる人は出ていかないといけなかったり、資産の乏しい人たちは
その先の生活が非常に困窮してしまうといったことなどになってしまって、非常に困ってしまう結果となります。

それなので、残された人たちの生活保障をするために、死んだ人の財産については相続という制度によって
財産を受け継がせるこということをするのです。
それによって、生活を保護するという機能がはたされるのであります。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。