相続とは、人が死亡した時にその人が持っていた財産を配偶者や子供などに引き継ぐことをいい、財産を残して死亡した人を「被相続人」、財産を引き継ぐ人を「相続人」といいます。
相続という制度があるのは、被相続人の死亡により残された配偶者や子供の生活が脅かされないようにというためですが、人が生前に自分の財産を自由に分配・処分できるように、死亡後においても遺言を用いることで自身の財産をある程度自由に贈与することができます。
例えば、極端な例ですが「全ての財産を愛人に譲る」といった遺言を残すことも可能です。

 
しかしこれでは配偶者や子供には全く財産が分配されないことになり、生活を守ることができません。
また、被相続人の財産を形成するには配偶者や子供等の貢献が必要不可欠であったであろうという考え方から、相続人は相続財産に対して元々潜在的な持ち分を持っていると考えられています。

 
この潜在的な持ち分を顕在化したのが「遺留分」といわれるものです。
権利者が直系尊属だけである場合は財産全体の3分の1、その他の場合は2分の1が潜在的な持ち分とみなされ、遺留分として扱われます。
権利者が複数人いる場合は、これに法定相続分の率をかけた金額をそれぞれの権利者が受け取ることができます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。