相続制度は、今まで被相続人を信用して商売してきた人や融資をしてきた人が、被相続人の死去によって権利の消失等で大きな損失を出す恐れが有ります。それで相続人達に権利義務を承継させて、財産や債務を残させて、第三者に損害を与えないようにして取引の安全を保証しています。

 

 

その為、被相続人は自身の死去に備えて、相続人に対して効果的な財産配分を考えて、考えた財産の配分を遺言書に記載をして、その後の財産の保全を考えています。これによってさらに安全が保証されるということです。

ビジネス02

 

ただ相続人達が前と同じようにしてくれるとは限らないので、確実に安全は保証出来ませんが、それでも権利義務が消滅するよりも、少しでも残った方が得です。そして前と同じような利益をもたらさない状態でしたら、規模を縮小しながら撤収していけば損失を抑えながら、離れることが出来ます。逆に継続的に利益をもたらしてくれるなら、そのまま取引を継続して収益を得ることを継続していくだけです。

 

 

想像制度が有る理由として、取引の安全を保証するが有りますが、必ずしも安全を保証出来るものではないです。しかしある程度は権利義務を継承させますから、出来るだけ損害を与えないようなシステムにはなっています。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。