生前に被相続人が遺言を残すということは世の中ではよくあることです。
では、なぜ、遺言を残すのでしょうか?

 

 

まず、一つ目としては、事前に分割る財産を分けておくことによって
相続人間の争いを未然に防止することがあるのです。
財産争いが相続の関係でよくあることでありますから、事前に生前の意思を残しておけば、それによって
争いを防止できる確率が高まります。

 

 

二つ目には、自分のお世話になった人にお礼をしたり、自分の財産を渡したくない人物にできる限り
財産を分けないようにするといった、財産処理について自分の意思を通したいといったことも挙げられます。
生前にお世話になって板人物に対してそのお礼がした威固めに、遺言を書いて財産を分けるといったことがあります。
また、生前にはひどいことをされた人物が相続人の中にいたときには、被相続人としてはその人には財産を渡したくないものです。
ですので、その人にできる限り財産を分けないようにすることもあるのです。
また、財団などといった慈善事業を営んで行てほしいなどといったときに、遺言で
その意思を伝えるといったこともあります。

 

 

このように遺言には、財産争いを事前に防止するといったことや、被相続人の意思を
通すために行われるというメリットがあるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。