相続をするる時に、相続人以外の人に世話になったりして、この人に財産を渡したいと
被相続人が思ったりすることがあります。
しかし、相続人ではありませんので、原則的には財産を譲り上kることはできないのであります。

ですが相続人以外のものであっても、財産を分けることは可能なのであります。
まず、被相続人が遺言で相続人以外のものにも資産を分けることを書いておく方法であります。
この方法であれば、相続人でないものであっても被相続人の意思によって資産を分けるようにすることが可能なのです。
ですが、相続人には遺留分がありますので、その分の資産までは相続人でないものに分けることは
出来ないので注意が必要となります。

 

 

また、もう一つの方法としては、生前に相続人以外のものに贈与をしておくという方法があります。
相続人でなくても、この方法であれば資産を残すことはできますので、この方法も頭の中に入れておくといいかと思われます。
また、贈与の種類として死んだときに贈与が行われるという死因贈与という方法もありますので
その方法で、資産を残すというのであれば、贈与したい人との間で事前に契約を結んでおくといいでしょう。

このような方法によって相続人以外の人にも自己の資産を残す方法があるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。